潮来市立潮来第一中学校
〒311-2424
茨城県潮来市潮来1270番地
Tel.0299-62-2334
Fax.0299-62-3032
 

日本語 | English

潮来市・不審者情報

  • "2018/09/14 18:27" / No. 086 声かけ
  • "2018/09/07 19:07" / No. 085 声かけ
  • "2018/07/12 18:31" / No. 084 写真撮影

ログイン

今月の下校時刻



早ね 早おき 朝ごはん
 

潮来一中・ニュース速報

  • 帰校式
  • 鉾田IC
  • 笠間PA
  • 帰路につきます
  • 日光江戸村にて

簡単アクセス

QRコード絵文字:携帯電話
潮来一中QRコード

URLをメールで送る絵文字:メール
@
 

アクセス数

Total2535101Hits
Since April 1, 2016

オンライン状況

オンラインユーザー17人
ログインユーザー0人
登録ユーザー305人

ボート部の紹介

ボート部

■ ボート競技について
 ボート競技(ROWING)は水上に艇(ボート)を浮かべ,オールを使ってゴールを目指して漕ぐ競技です。その精神は「1艇ありて1人なし」といわれるほどの団体スポーツであり,個人行動は決して許されません。よって,協調性が最も重要とされます。また,体力的には単位時間あたりの運動量が最も多いスポーツの一つとされており,脚・腕をはじめとして全身をフルに使う競技です。一方,水路・施設・用具等の必要性から全国的な普及度はいまひとつで,いまだマイナースポーツの域を出ていません。しかし潮来市は,それらの点で全国的にみても素晴らしい環境下にあり,ボート競技を行うには絶好の地区です。

■ 部員数について
 1年生2年生3年生
男子25311
女子6004
85
316
※ 人数は平成30年5月1日現在
 

ボート部最新情報

ボート部
12345
2018/07/16

全中2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by ボート部
 第38回全日本中学選手権競漕大会2日目が終わりました。
 潮来選抜の準決勝の結果は以下の通りです。

男子シングルスカル
潮来選抜B:6着(準決勝敗退)

女子ダブルスカル
潮来選抜A:5着(準決勝敗退)
潮来選抜B:4着(順位決定進出

男子ダブルスカル
潮来選抜A:2着(順位決定進出
潮来選抜B:4着(準決勝敗退)

男子舵手付きクォドルプル
潮来選抜A:1着(決勝進出
潮来選抜B:3着(準決勝敗退)
潮来選抜C:4着(準決勝敗退)

 準決勝のレースが終わった時点で、気温が非常に高くなっており、熱中症等で体調を崩す選手が多数出ていたため、決勝・順位決定戦は中止となりました。
 今大会では、競漕委員会より「準決勝の全レース終了後にレースが中止となった場合は、決勝進出を決めた全クルーを同率1位とする。」という内容が前日までに決まっていました。ボート競技は、自然の中で行われるスポーツです。風や波などがタイムに影響するため、基本的に同レースでの着順以外で勝敗は決定しません。しかし、中学生の大会においては、この限りではなく、予選や準決勝のタイムで決定することもあります。

 今回、潮来選抜からは、男子舵手付きクォドルプルのみ第1位という結果となりました。この種目については、第36、37回大会に続いての3連覇となりました。同率1位ではありますが、予選、準決勝ともにトップタイムを出しており、他の指導者の方からも「決勝をやったとしても、潮来選抜が勝つでしょ。」という御言葉をいただきました。優勝杯を持ち帰ることは出来ませんが、胸を張って先輩たちに報告してもらいたいと思います。

 今大会を通じて、潮来選抜の生徒たちには「チームで戦う」ということを伝えてきました。3日間の遠征のなかで、初めての全中となる1・2年生は、自ら動くことが出来ない場面も見られましたが、3年生が全クルーを引っ張るように、自分たちのレースに集中しながらも、他のクルーに声をかけていました。全国のボート仲間と競うことに喜びを感じ、豪雨による大災害が起きているなか会場を整備して下さった関係者の方々に感謝の気持ちをもって大会に臨むことが出来ました。「水の上でも、陸の上でも、日本一!」と11ヶ月前に立てた目標をほぼ達成できたと思います。3年生の皆さん、本当にお疲れ様でした。まだまだ未熟な1・2年生は、更なる高みを目指して頑張りましょう。

 現地まで応援に来てくださった保護者・関係者の方々には、手厚いサポートをしていただきました。厳しい環境のなかでのレースでしたが、皆様の熱い声援と献身的なサポートのお陰で、生徒たちは頑張ることができたと思います。ありがとうございました。また、保護者の皆様には、年間を通してボート活動を応援していただきました。感謝申し上げます。
 毎年多大なる支援をしていただいている潮来市、練習に胸を貸してくださる潮来高校ボート部、色々な面で協力していただいた社会人チーム、その他多くの方々に支えていただいていることに感謝し、これからも頑張っていきたいと思います。これからも潮来選抜へのご支援、ご協力をお願い申し上げます。
 
 

17:00 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2018/07/15

全中1日目

Tweet ThisSend to Facebook | by ボート部
 第38回全日本中学選手権競漕大会1日目(予選)が終わりました。本大会は、高温注意報等のため、敗者復活戦が無くなり、予選のタイム順による救済で、準決勝進出クルーが決められています。
 潮来選抜の結果は以下の通りです。

男子シングルスカル
潮来選抜A:5着敗退
潮来選抜B:2着通過(全体19番タイム)
潮来選抜C:4着敗退

女子ダブルスカル
潮来選抜A:4着通過(全体16番タイム)
潮来選抜B:3着通過(全体11番タイム)

男子ダブルスカル
潮来選抜A:2着通過(全体3番タイム)
潮来選抜B:1着通過(全体8番タイム)

男子舵手付きクォドルプル
潮来選抜A:1着通過(全体1番タイム)
潮来選抜B:4着通過(全体13番タイム)
潮来選抜C:5着通過(全体30番タイム)

以上です。生徒たちは、自分のクルーはもちろん、チームとしてしています。全国のトップチームとしての自覚が先輩から後輩へ受け継がれているように感じます。明日の準決勝も頑張ってもらいたいと思います。


20:28 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2018/03/26

第13回全国中学校選抜ボート大会

Tweet ThisSend to Facebook | by ボート部
 平成30年3月24~26日に福井県美浜町久々子湖で、第13回全国中学校選抜ボート大会が行われました。この大会は、全国中学校マシンローイング大会の上位選手のみが参加できるシングルスカル限定の大会です。
 今年は、潮来選抜から男子3名、女子3名の計6名が出漕しました。(潮来一中から男子1名)
  予選の結果は、3着以内でA準決勝へ進んだ者が3名、予選で惜しくも3着に入れずB準決勝へ進んだ者が3名となりました。A準決勝では、3名とも敗退し、決勝へ進むことはできませんでした。
  漕力については、全国トップレベルと競える状況にはありませんでした。それは分かっていたことでしたが、レースをしたことで、自分達に足りない技術や体力が、それぞれ明確になったようです。
 レースに向けての心構え(準備)や先輩としての自覚など、失敗もありましたが、今大会を通して、潮来選抜としての誇りが芽生えたように感じます。OB、OGと比べたらまだまだ未熟ですが、全中までの3ヶ月、必死になってボート活動に励んでもらいたいと思います。

16:29 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2017/10/10

全中新人(写真)

Tweet ThisSend to Facebook | by ボート部
遅くなりましたが,全中新人の画像を掲載します。


潮来選抜出場メンバー


女子シングルスカル


男子ダブルスカル(Bクルー)


男子ダブルスカル(Aクルー)


男子ダブルスカル(Cクルー)


男子ダブルスカル優勝(Bクルー)
20:16 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)
2017/10/01

第26回全国中学校新人競漕大会

Tweet ThisSend to Facebook | by ボート部
9月30日(土)~10月1日(日)で、岐阜県川辺漕艇場で、第26回全国中学校新人競漕大会が行われました。潮来選抜からは、男子ダブルスカルに3クルー、女子シングルスカルに1クルーの計7名の選手が出場しました。

結果は以下の通りです。

・男子ダブルスカル
   B:優勝
   A:5位
   C:準決勝敗退
・女子シングルスカル
   準決勝敗退

3年生が抜けて、新チームで臨む最初の全国大会ですが、課題が多く見つかる大会となりました。生徒たちはクルーごとに今大会を見据えて練習に励んできました。しかし、いざレースが始まると緊張から練習通りの漕ぎができなかったり、スタートから方向を曲げて大きなタイムロスをしたりと、新人大会らしく、精神面での甘さが目立ちました。技術面、体力面では、クルーごとに差がありますが、チームとして全国で争う力はあることも確認できました。次の全国大会は3月の全中選抜です。個の力では、まだまだ全国のトップレベルに太刀打ちできる状況ではありませんが、これから始まる冬場のトレーニングを頑張って、漕力の向上を目指したいと思います。
 今回は、電車等公共の交通機関での遠征でした。帰り支度を終えた段階で、帰りに乗る予定の列車の時刻まで90分程度の時間がありました(電車の本数が少ないため)。他のチームは既に帰ってしまった後でしたが、生徒たちは会場の片付けをしている川辺町の方々に感謝の気持ちをもって、意欲的に手伝っていました。
 競技としてはレースでの勝ち負けも大事ですが、教育的立場からは「人としての成長」が何よりも大事だと思います。大会後で疲れているにもかかわらず、嫌な顔せず片付けに取り組む姿勢は素晴らしいです。先輩たちから伝わる「水の上でも、陸の上でも日本一!」を、全員で継承できるよう、引き続き頑張りましょう!
 今大会も、現地まで応援に来てくださった保護者の方々、バスターミナルで見送りをしてくださった方々、本当にありがとうございました。引き続き潮来選抜を宜しくお願いします。


15:40 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
12345

ボート部予定表

前年2018次年
前月09次月
 
1
 

 

 

 

 

 

 

2
 

 

 

 

 

 

 

3
 

 

 

 

 

 

 

4
 

 
敬老の日

 

 

 

 

 

5
 
秋分の日

 
(振替休日)

 

 

 

 

 

6
 

 

 

 

 

 

 

ボート競技関連リンク